幸せな時間

アメリカ赴任中に乳癌告知、化学療法、乳房再建。現在日本でホルモン治療中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婦人科検診

今日は婦人科で子宮体癌の検査日でした。
前回は昨年の7月。
半年毎にあの不快な検査ってイヤになっちゃうわ

一時間半待ってやっと診察室へ呼ばれた。
一言二言世間話をしてから診察台へ・・・
別に緊張しているわけではないけれど
どうも身体が強ばってしまう私。
異物を身体に入れられると思うと(しかも痛い!!!)
イヤでも力はいっちゃうよね~

でもドクターは『はいリラックスして~力抜いてくださ~い』って、、
あの診察台の上であられもない姿を他人にさらしてるのに
リラックス出来るわけないだろぉぉぉ
と思いつつ今回もガチガチに身体を強ばらせる私でした。




午後から小学校の説明会があり急いでいたので
昼食を食べる時間がなく帰路についた私。

昼抜きを一度は覚悟したものの
やっぱり空腹には耐えられず、、、
コンビニでおにぎりを買って電車の中で食べちゃった^^;
息子にも車中での飲食は基本的には禁止している私。
覚悟を決めて食べ始めたけど
すんごく恥かしいし、おにぎりといえども臭う、、気がするーー;
皆が見てるような気もするし、、、、
ムシャムシャと二つ食べて胃袋は膨れたけど
満腹感は得られずなんとも中途半端な昼食でした(涙)

4年生。そして検診

2~3日前に気がついたんだけど
1月5日に術後4年生に進級してました^^;
年末までは『もうすこしで丸三年・・』と
想いにふけっていたのに
日々の生活に追われている間に
一週間が過ぎておりました。(笑)

これも病気とは無縁?なほど元気な証拠ってことで
自分のズボラさを棚に上げてます。


そして今日は術後3年の検診でした。
内容は腹部(肺、肝、膵、胃等々)のエコー
骨シンチ、胸部CT。

毎回のことだけどエコーは技師さんの一挙手が気になりますね。
グリグリしてる手が止まるとドッキリします。
今回は肺あたりかな?何度も何度も深呼吸させられたりして
時間を掛けて造影してた><;気になるなぁぁぁぁ

骨シンチは相変わらず天井が近っ!!!!!!
閉所恐怖症の私としてはこの検査はツライ
目を開けてれば焦点が合わなくて気持ち悪いし
目をつぶっていても圧迫感を感じて
気分が悪くなってくる・・・・
検査の15分がものすごく長く感じられ苦痛です。

CTは楽勝~
拍子抜けするくらいあっという間に終わっちゃうよね。


検査をした後は結果が出るまで(聞きに行くまで)が
何となく嫌な気分ですよね~

一刻を争うような状況なら
ドクターから電話をくれるらしいけど
それ以外なら次のリュープリン注射の
主治医の診察の時に結果報告があります。
それって3月なんだよね~~^^; 長いなぁ

ま、このブクブク中性脂肪で太っていく様は
身体のどこにもヤツラがはびこっているとは
思えないけどね

ともかく検査も終わり無事に4年生のスタートです♪

帰りには久しぶりにマッサージをして来ました。
普段は15分のクイックコースなんだけど
今日はご褒美で30分コース!!!
ゴリゴリモミモミ気持ちよかったわん。



マンモと胸部エコーはまた3月ごろにする予定です。




検査結果

先週の子宮体癌の検査結果を聞いてきました。
『特に異常は見られません』ってことで
無事にクリアです^0^v
腫瘍マーカーの数値も正常値なので
なんら問題ないそうです。ヨカッタ ヨカッタ


子宮ガンの検診はあまり気分の良いものではないので
いつまで半年間隔でやらなければいけないのか
婦人科のDr.に聞いてみた。
そしたらタモキシフェン(ノルバデックス)を服用している間は
半年間隔を推奨してますと言われた。
非服用の人に比べたら3~4倍程度の割合で
発症(?)するそうだ。
タモの服用は5年なので、あと3年。
最低でもまだ6回は例の検査をしないといけないのかぁ~~~--;

婦人科へ

昨日は半年に一度の魔の検査
子宮体癌の検診でした。

あれって何度受けても気分のいいものじゃないよね。
あの診察台に乗るのがどうも苦手。。。
そのあとはウグググ~~~~~って痛いし。
ほんの一瞬の出来事なんだろうけど
長い時間に感じられます。

すっかり生理も止まってしまい残ってしまっていた
ナプキンが久々に活躍 笑
こんな時にくらいしか生理用品を使わない自分が
情けない気もするけど、ま~仕方ないか^^;

ついでに腫瘍マーカーとホルモン値を調べる
血液検査も廻ってきて昨日の検査は終わり。

『エコー画像では何も映ってないから
多分 問題はないでしょう』という
婦人科Dr.のお言葉をいただきましたが
正式な検査結果は来週です。

病気の原因は。。。

乳癌を告知され、『どうして私が・・・』と思った方は多いと思います。
もちろん私も何度となく『どうして?』『なぜ?』と考えました。

2006年に見つかった私の腫瘍の大きさは0.8cmです。
がん細胞が1cmの大きさに成長するのには
おおよそ10年といわれています。
なので私の場合、単純計算で8年前。
ねずみ講のごとく後半の方が増殖のスピードが
あがるのでそれを加味すると多分6-7年前の
1999~2000年頃から罹患していたと思われる。

私の家系は父方も母方も乳癌どころか
癌で亡くなった人が一人もいないという強靭な家系。
なので遺伝ではない。
すると運が悪いか、細胞が壊れるほどの強いストレス?!

2000年前後はまだ子供はなく
私もフルタイムの会社員でした。
そして夫は30代前半の働き盛り毎日毎日帰宅は深夜。
一緒に食事をしようと待っているのだけど
10時頃には空腹と疲れから毎日イライラしっぱなしだった。
それでも一緒の食事、晩酌は夫婦の絆とばかりに
毎晩夫の帰りを待ち、夜中12時ごろに食事をしていた。
そして4~5時間の睡眠でまたフルタイムの仕事へ
そんな生活をアメリカに行くまで何年も続けていた。


乳癌を告知され、色々な本を読んだりしていくうちに
癌は今突然なったのではなく、数年前に原因があると知り
私の場合は↑の事が原因ではないかと考え始めていた。
でも、、、、夫には言えない。
『たまたま私は乳癌になってしまった』と自分に言い聞かせてきた。


しかし、、、先日夫と飲みに行き酔っ払った私は
『癌になったのはアンタのせいよぉぉぉ』
『健康な私の体を返してよぉぉ』
『アンタと結婚しなければ良かったぁぁぁ』
と絶叫して大泣きをしたらしい (本人の記憶ナシーー;)

この日はちょっと色々とあり気分が凹み気味だった
のだけど言ってはいけない気持ちを
夫にぶつけてしまった。
夫はビックリというかかなりショックを受けたらしい。
翌日まったく覚えていない私に向かい
夫は一言『あれが本心だったんだな』とポツリ・・・
一緒に治療をしてきたのに、、、
ずっと寄り添って支えてくれてたのに、、、
私は夫を裏切ってしまった。と言うか
傷つけてしまった事に大きな後悔をしています。

病気は誰のせいでもないのに、、
そんなことは分かっているのに、、、
でも、告知後は誰かの・・何かのせいにしたくなるのよね。
そうしないと気持ちのもって行き場がなくなる。
もちろん今はそんな考えはないのだけれど。


しかしさすがの私も酔っ払ってこんなにも人を傷つけるならもうお酒は止めよう。とさえ真剣に思った。
(数日後には飲んでましたけど 笑)


ダーリン、本当に本当にごめんなさい。


プロフィール

mimiさん

Author:mimiさん
2003年NY州に赴任。
一人息子を出産し育児に追われる日々。
2005年にVA州に転居。
2006.10.31 乳癌告知。
2007.1.5 右乳房全摘出手術。
術後治療でAC,Tを各4クール、ハーセプチン一年間投与を終え
現在ホルモン治療中
タモキシフェン服用&リュープリン投与中。
シリコンのニセ乳者です♪
2008年10月 日本に帰国。
2009年4月 「気ままにUSA」からブログ名変更 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

今日もラッキー?!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。