FC2ブログ

幸せな時間

アメリカ赴任中に乳癌告知、化学療法、乳房再建。現在日本でホルモン治療中!!

乳頭再建術記  ~術式編~

術後の経過報告の方を先にズラズラと書いてしまっているけれど
忘れないうちに自分自身の記録としても
今回の乳頭部の再建術をザザザーーーーッと綴っておこうと思います。

ちょっとグロイのでお食事中やお食事前の方はご注意願います  



簡単に受けた手術内容の説明

1、 まず乳頭の作成
   乳頭そのものの突起はツルンとした丘状のシリコン乳の表皮を
   ギューーーーーと絞って作り上げました。

2、 作った乳頭で乳輪にあたる部分の元の皮膚をはがす


3、 右内股(関節部分)の色の濃い部分(ソケイ部って言うかな?) 
   (↑オマタ、オマタと連呼してますが思ったよりモモよりでした 
   ここの皮膚を前からでん部にかけ直径12-3cmの木の葉型に切り取る
 
4、 木の葉型に切り取った真ん中、最大径のところを利用し乳輪になる
   皮膚をドーナツ型に抜く

5、 ドーナツ型ソケイ部の皮膚を2で皮膚をはがしてある部分(乳輪)にはめ込み縫い合わせる


6、 腰部分の脂肪を吸引し、シリコン胸の上部、側面の段差に注入
   これは乳房再建の微調整です。   


    以  上


ちょっと言葉ではわかりずらいかもしれませんね。

要は。。。つまんで、はがして、皮膚移植 って感じです、

で、読んでて うん? と思った鋭い方もいるかと思いますが
皮膚移植は乳輪部分だけで乳首の部分はもともとの肌色の皮膚のままなんです!
時間が経って移植した皮膚が馴染むと自然な乳頭の色になるんだって。
へぇー 10個ってくらい不思議だよね。



題名には”術式”なんて仰々しく書いたけど
別に今回の方法の正式名称を知っている訳でもないので
○○式再建術なんてのはわかりません!
強いて言うならば【自家組織(皮膚移植)再建法】って感じでしょうかね?

正式名称知ってる方がいらしたら教えてください。


再建を考えてる方の参考になればいいのだけど・・・・
逆にちょっと躊躇してしまうようならゴメンナサイ。





     
  

ご対面♪

昨日、手術後 初めてDrのオフィスに行って
術後の経過観察でした。

問題があったら(発熱等)すぐに連絡するよう言われてはいたけど
特に何も無かったら一週間、放ったらかし。
と言うのもお国柄なのかしらねーと思いつつ
行って参りまし

乳首はガーゼの団子みたいなので固定されて
出来栄えを自分では見ることが出来ていなかったの
今日がご対面の日です!


診察室に通されて診察着に着替えて待っていると
助手のオバチャンナース(この人は手術にも立ち会ってくれてる人)
が来て ニコニコしながら『ガーゼ取りましょうね!』っと

そしてパチパチと留めてある糸を切って
そーーーーーーーっとガーゼ団子を外してくれると

ジャーーーーーーーーン こんなの出ました!!!

どす黒い血豆みたいな乳頭が目に飛び込んで来た。


かなりグロテスクな代物だったけど
術前の説明時にドクターから
「最初はちょっとビックリするかもしれませんが数ヶ月で馴染みますから
心配しないでくださいね」と説明はされていたのであまりショックはなかった。
写真を載せて皆さんにお見せした方がわかりやすいんだけど・・・・・
いかんせかなりグロテスクな物で気分を悪くする人が出るといけないので
止めて置きます。


初めて対面した感想は『へーーーーー良くデキテルなぁ』と
妙に落ち着いて他人事のように感心してしまった 笑

だって皮膚を一度身体から切り離して移植し
その皮膚が違う所で生きてるって考えると
スッゴイナァ======と思わずにはいられないよね。


今はまだどす黒く、糸でブツブツと縫われた乳首、乳輪だけど
とても愛しいかわいいヤツです


そうこうしてる間にDr.がチラッと顔を出して
乳首とオマタの傷をチャックして
「問題は何もないわね」と診察は数分で終わってしまった。 

「マタの傷が痒いんです」と訴えてみたけど
「仕方ないのよ」で済まされてしまった 苦笑
痒み止めの軟膏は傷に良くないから塗らないでくれと言われ
ひたすらかゆみと戦う日々は続きます。 


現在の乳首ちゃんは一日 2,3回自分で
軟膏(保湿兼殺菌)をタップリ塗りたくってガーゼで覆ってます。
頑張れ私の乳首ちゃん

トランクス

今日は術後6日目。

体調良好!食欲あり!

乳房は全摘で神経ごと採ってしまっているので
最初から痛くも痒くもない。

オマタ(足の付け根)の傷と脂肪吸引したわき腹が少々痛む程度。
そして日を追うごとにオマタの傷が痒くなってきた><;
これは傷が治ってきている証拠なんだろうけど
ボリボリかくわけにもいかないのでこれからどうしようかちょっと不安
ひたすた痒みと戦うしかないのだろうか?!

で、その傷と言うのはちょうどオパンツのゴムの部分なので
当然パンツを履けないのです

えっ!! mimiはノーパンで生活してるの?

いやいや、、そんな事はしてません。
でも普通のパンツは当たって履けない・・・・
で、どうしてるかと言うと  夫のトランクスを拝借して履いております 
傷に当たらなくていいんだけど、最初はスカスカしてしまってなんとも
気持が悪かった。
でも なれてしまうと締め付け感が無くて癖になりそうである
パンツを共有する夫婦ってちょと変かしら


ちなみ 手術当日は用意して行かなかったので
その場で夫にパンツを脱いでもらうわけないもいかず
(って洗ってないパンツは履きたくないし 笑)
ノーパンで帰ってきちゃいました

自宅療養中です

22日 早朝(7:30スタート)に無事に乳首再建手術を終えて
ただいま 自宅療養中です。

オッパイの痛みはそんなに無いんだけど
オマタ(足の付け根)辺りを15cmくらい切っているので
ソコの部分がチクチクピリピリと痛むのよね

当日、翌日(金曜)の記憶もあやふやな感じで
今も痛み止めのせいか頭がボワ~~ンとしたままです。

焦点も定まらず、目がチカチカしちゃって長時間PCに
向かうのがちょっとつらいので
応援、励ましをいただいたコメントにお返事が出来ていません。
ゴメンナサイ。。。

ともかく、無事に手術は終わり自宅に戻っております。
あと数日で復活できると思いますので
乳首手術レポートは今しばらくお待ちくださいませ。


術前検査

いよいよ 乳首再建術が明日に迫って参りました^0^v

昨日は術前の検査のため病院へ行って来ました。

”術前検査”と言ってもしたことは・・・・

体重、血圧、心拍 測定。
あとは提出した問診表にそって最近の体調の自己申告と
病歴、手術歴の確認。
一応 医者(?)のおじいちゃんのDrが
風邪の時にするような のど、目、のチェック。
聴診器も当てたりもした。
それと何故か脚気の検査。(ひざをコンコンってするやつ)をした。

前回のシリコン挿入の時もそうだったけど
全身麻酔の手術をするのにこれだけ???と思うくらい
超簡単な健康診断レベルの検査のみ。
(人間ドックのほうがよっぽど細かいわ)
これで医療事故等本当に大丈夫なのかい?って感じよ。

今夜の食事も夜中の12時までOKだしね^^;
ちなみに手術時間はまだ未定です 笑

今日の夕方(手術室の)スケジュールが確定になるので
午後3時に 電話で問い合わせをするの。 


ついでに書いて置くと・・・
術後すぐから服用する痛み止め、化膿止めのお薬も
前もって出されてる処方箋を持って自分で
薬局で買って用意しておくのです。


これもそれも自己管理のお国柄だからかしらね?


ま、入院しないで済むのは幸いだけどね♪
病院でボーーーとするよりは家のことも出来るし
変に不安にならないのでいいのかも
プロフィール

mimiさん

Author:mimiさん
2003年NY州に赴任。
一人息子を出産し育児に追われる日々。
2005年にVA州に転居。
2006.10.31 乳癌告知。
2007.1.5 右乳房全摘出手術。
術後治療でAC,Tを各4クール、ハーセプチン一年間投与を終え
現在ホルモン治療中
タモキシフェン服用&リュープリン投与中。
シリコンのニセ乳者です♪
2008年10月 日本に帰国。
2009年4月 「気ままにUSA」からブログ名変更 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

FC2カウンター

今日もラッキー?!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム