幸せな時間

アメリカ赴任中に乳癌告知、化学療法、乳房再建。現在日本でホルモン治療中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の病気

同じ病気の方々とお話できれば・・・との思いで
ブログを立ち上げたのにすっかり日常に追われ、
病気の事はプロフィール欄に書いてあるだけの状態が
気になっておりました。
今日は本来最初に書くべき私の病理結果を大好評パンパカパーン

☆病名: 浸潤性乳管がん
◎患部: 右乳房上外側
◎しこりサイズ: 0.8cm
◎グレード: 3 
◎リンパ節転移: 有 2/23 リンパ郭清
◎ホルモンレセプター: ER、PR共に +
◎HER2: + (FISH法)

原発の腫瘍は0.8cmと小さかったのですが
内側及び乳頭付近にも石灰化が点在するため
術式を乳房全摘出に決定。*1
2007年1月5日 右乳房全摘出手術施行

その後リンパ転移陽性のため、術後補助療法として抗がん剤治療。
アドリアマイシン(A),フォスファミド(C)を3週毎x4
タキソール(T)を週1x3、3週毎x3 (投与方法を途中で変更)
HER2陽性のため、タキソールと合わせ
ハーセプチン(トラスツズマブ)を同時投与。*2
現在はタキソールを終了したのでハーセプチンのみの
単独投与を3週毎に行ってます。

ホルモン治療は抗エストロゲン剤のタモキシフェン(20mg)を
一日一錠服用中。
主治医の考えでLH-RH アゴニストは使用していません。
しかし「アゴニスト併用の方が予後が良い。」とのデータが少し前に
改めて発表された。と知人の医師から聞き、ちょっと揺らいでます。
主治医ともう一度相談してみよう!


*1 しこりが見つかった時点ですぐに腫瘍を取り除く検体手術(?)をし   ています。なので病理結果が出てから術式を決定しました。
   何故、すぐに手術をしたかと言うと
   しこりが小さかったのと超音波の画像から”浸潤がん”の
   可能性が濃厚だったのだと思います。が結果は・・・
*2 ここ、アメリカは初期治療の段階で一年間のハーセプチン投与を
  標準治療としています。 

  
こんな感じが今の『私の病気』です


スポンサーサイト

COMMENT

●こんにちは~!

すご~く詳しく自分の病気のこと理解してるね。
えらいわ~(^.^)

これを見て「あ、私と同じだわ」って思ってみてくれる人がいるよね。
アメリカでの治療が興味あるわ~

●ゆうゆうさんへ

いや~ それほどでもないですよ。照れ照れ^^;
しかし、医者の話、検査結果等すべて英語(当り前だが)なので
自分達である程度下調べや理解をしてないと
まるっきり?!?!?P=('%#(=~~なのですよ。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mimiさん

Author:mimiさん
2003年NY州に赴任。
一人息子を出産し育児に追われる日々。
2005年にVA州に転居。
2006.10.31 乳癌告知。
2007.1.5 右乳房全摘出手術。
術後治療でAC,Tを各4クール、ハーセプチン一年間投与を終え
現在ホルモン治療中
タモキシフェン服用&リュープリン投与中。
シリコンのニセ乳者です♪
2008年10月 日本に帰国。
2009年4月 「気ままにUSA」からブログ名変更 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

今日もラッキー?!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。