幸せな時間

アメリカ赴任中に乳癌告知、化学療法、乳房再建。現在日本でホルモン治療中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後の私。

ちょっと間があいてしまいましたが前回からの続きです。

全摘出手術&センチネルリンパ節生検で
考えてもいなかったリンパ転移の現実。

絶望感にいっぱいになった私。

普段はあまり考え込む事が無い私だが
今回はさすがに凹んだ。
右乳の傷は透明な水絆創膏のような物で処理してあるだけなので
痛々しく傷口が丸見えだし。。
そしてその傷は脇の下まで永延続いていた。
右腕はしびれて動かないし。
気持も身体もボロボロな気分だった。

手術の翌日にはナースが『退院許可がおりてますが退院されますか?』と
部屋にやってきたが夫と相談してもう一泊させてもらう事にした。
・・・ってホテルじゃないんだけどね 笑
結局、手術2日後にドレーンを二つぶら下げたまま退院をしました。



続きは↓をクリックしてね!




どうにこうにも気分の晴れない日が続いていた日々
術後一週間目に友人のドクター&ナース夫婦がお見舞いに
来てくれた。
(この二人は私の病気が分かった時から色々とアドバイスや
癌についてのノウハウを教えてもらっていたの)
つけたままのドレーンを外してもらいながら、今回の結果について
ひどくショックだし落ち込んでいると話したら。
医者の旦那さんの方が『なんで?』と意外な返答をして来た。
そしてこう続けてくれた
『悪い部位は残らず取り除いた。 一番に転移するリンパも全部取り除いた。
そして次には化学療法でがん細胞を痛めつけ、そしてハーセプチンで死滅させる。
今の医学で出来る限りの事をすべて受けるのだからもう心配は無いんだよ』っと
涙が出るほど嬉しかった。

ネガティブにマイナス、マイナス↓としか頭が働いていなかったけど
こうして角度を変えてポジティブな考えをする事も出来るんだ。
”目から鱗”って表現が当てはまるのか分からないけど
本当に音を立てて鎧が取り除かれるのが分かった。

結果を聞いて(気持を)悪い方にもって行くのは簡単だ。
でも、それでは前に進めない。
現実を受け止め自分のものとして力にして行かない事には
前には進めないのだ。

私は乳癌になってしまった。
それは逃げられない現実。

でも治療をしっかりと受ければ必ず生き残れるぞ!
私の身体からがん細胞は逃げ出すに決まっている。

そう思えるようになった。

そして単純な私は人生最大の凹みからあっという間に
脱出する事が出来たのであった。


その後は右腕のリハビリに励む毎日。
2ヶ月もしたら元通りの動きができるようになりました。


これが一年前、乳房を失くしたときの私です。



この友人ドクターO氏は現在は帰国されて
都内某病院の救命救急医として活躍してます。
本当に本当にありがとう。
スポンサーサイト

COMMENT

●こんにちわ。

コメント、遅くなりました~
今年もよろしくお願いします。

アイスランドからの帰りは大変だったね。
でも、お医者さまが見つかって、ラッキーだったね。

乳がんのお話もmimiさんの病状もよくわかりました。
辛かったね。私も冬だったから思い出すわ。

今年2月で、2年、病院が遠く感じうようになってきました。
mimiさんもきっと、そうなるよ。頑張ろうね。

●はじめまして★

ふら~っと旅をしていたら、こちらのサイトへたどり着きました~♪

私も2年前に右全摘で、去年再建をして、今年は仕上げ(乳輪乳頭)
段階に入ります★

すごく心強いアドバイスをくれる友人の温かい気持ちが伝わってきて、
前向きなmimiさんに共感しました。

ネガティブになる事は簡単だけれど、いつの間にか家族や応援してくれる人たちの気持ちまでネガティブにしてしまう危険がある事にハッとした私です。

無理に明るく振舞うつもりは無いけれど、どっちにしても状況が変わらないなら、楽しい方が断然充実して過ごせるじゃ~~ん♪
なんて気楽な気持ちになってしまったのです。

アメリカの噂は聞いてましたが。。。術後2日で退院とは・・・
私3週間も居座ってましたよ。笑

●カカポさんへ

はじめまして。
訪問ありがとうございます!

カカポさんも乳がんフレンズなんですね~
今後ともよろしくお願いします^0^

そうそう!無理して笑顔を作る必要はないけど楽しく笑顔で暮らしたいよね。
それが一番の特効薬だと私は思ってます!

入院は頼んで2日だからね・・・笑
ドレーンぶらぶら自宅療養って確かにすごいよね^^;

●ふうママさんへ

アイスランドの空港は本当大変だったのよ。。。v-406
でも、不幸中の幸い?!
空港内が改装したててでv-303が超キレイだったの^0^v
ドアも下まで塞がっていて完全密室って感じで。
おかげさまで声も音も気にすることなく
安心して用が足せました・・・・・笑

私も早く病院から遠のける日が来ないかな~

●すてき

mimiさん、こんにちは。
お友達の先生の言葉、とっても嬉しいですよね。
大丈夫だから心配ないんだよって力強く言ってもらえることが
どんなに患者にとって心強いことか!!
まみはハーセプチンは受けてないですが、読んでて自分も大丈夫
って言ってもらえたような気持ちになりました^^*

私の先生はぼーっとしていて、力強い感じではないのですけど
相性がいいのか、先生といると何だか大丈夫って気楽に考えられます。
お医者さんって心の面からも病気を治してくれますね。

これからも毎日たくさん笑って、病気なんか追い出しちゃいましょーv-91

●まみさんへ

そうだよ! まみちゃんもぜーーーーったい大丈夫v-91
私達は頑張っているんだもん!
私の記事が少しでもお役に立てなのなら嬉しいです。

お医者様の言葉って励みになるよね。
でも、医者も中立の立場を崩さないからなかなか
はっきりと安心できる言葉って使ってくれないのが現実。

この先生は友人の立場で言葉をかけてくれたので
とっても力強く安心できました。
私は彼を真の主治医と呼んでます!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mimiさん

Author:mimiさん
2003年NY州に赴任。
一人息子を出産し育児に追われる日々。
2005年にVA州に転居。
2006.10.31 乳癌告知。
2007.1.5 右乳房全摘出手術。
術後治療でAC,Tを各4クール、ハーセプチン一年間投与を終え
現在ホルモン治療中
タモキシフェン服用&リュープリン投与中。
シリコンのニセ乳者です♪
2008年10月 日本に帰国。
2009年4月 「気ままにUSA」からブログ名変更 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

今日もラッキー?!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。