FC2ブログ

幸せな時間

アメリカ赴任中に乳癌告知、化学療法、乳房再建。現在日本でホルモン治療中!!

婦人科検診で思うこと

昨日(18日) 婦人科の検診に行ってきました。

初めて訪れた我が病院の婦人科(ウィメンズクリニック)は
受付待合室(ベンチ)に人人人・・・・
中待合室にまた人人人・・・
若い人、そうでない人^^; とにかくたくさんの女性で溢れていて
少々驚きました。

皆、それぞれ色々な病気を抱えているのね~と
妙におセンチに浸っていると
予約時間のの30分遅れ(これって早い方よね?)で
名前を呼ばれ、中待合室へ
ほどなく、また名前を呼ばれ診察室へ
新しい婦人科の主治医とご対面!!!!
ちょっと演歌歌手っぽいダンディー?なドクター。
本当は婦人科は女医さんがいいのだけど、、、
同じ病院内で掛かりたいので贅沢も言ってられないよな。

でも、ゆっくり時間を掛けて私の話
これこれ云々の理由で今日は検査に来ました。から
LH-RHを今後どうしようか悩んでいるので
そう観点から調べて欲しいと伝え
全てをちゃんと聞いてくれてとても好感のもてる
ドクターでした。

内容は子宮癌検診、子宮内部のエコー撮影、採血 

結果は再来週にまた通院して聞きます。

ここでちょっと驚いたこと・・・
え?私がココ(婦人科)に来て結果を聞くの?
主治医の乳腺外科へ結果が送られ
私は主治医から総合的な見解を踏まえた
結果を聞くんじゃないの?
と思ってしまったのですが・・・・違うのか?!

各部位の検査はそれぞれの担当医から聞くのが普通?
(CTや病理検査科の外来のない科は違うだろうが)

ま、その方が直接専門分野の意見が聞けていいんだけどさ
じゃーーー主治医はなんの意味があるのか?と疑問
トータルコーディネートとしてくれるのが主治医じゃないの?

私の病院だけかな~
それともやっぱりちょっと私の感覚ずれてる


スポンサーサイト



プロフィール

mimiさん

Author:mimiさん
2003年NY州に赴任。
一人息子を出産し育児に追われる日々。
2005年にVA州に転居。
2006.10.31 乳癌告知。
2007.1.5 右乳房全摘出手術。
術後治療でAC,Tを各4クール、ハーセプチン一年間投与を終え
現在ホルモン治療中
タモキシフェン服用&リュープリン投与中。
シリコンのニセ乳者です♪
2008年10月 日本に帰国。
2009年4月 「気ままにUSA」からブログ名変更 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

今日もラッキー?!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム