幸せな時間

アメリカ赴任中に乳癌告知、化学療法、乳房再建。現在日本でホルモン治療中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさか・・・・夫が!

先日、夫が会社の健康診断でひっかかりました。

便潜血で陽性が出てしまい要精密検査の結果でした。
【要再検査】の項目もあるのに【要精密検査】って・・・・
何?何?何?
ままままさか大腸がん????

ともかくできるだけ早く精密検査を受けに行けと
会社の産業医からの指示だったので
家の近くの大腸がん検診等を行っているクリニックへ予約

昨日、その検査を夫がして来ました。

前日(火曜)の朝から野菜、果物、海草etc繊維質は禁止され
当日(水曜)は一切の食物は禁止。
朝からひたすら下剤(?)の腸洗浄薬を2L飲んでいた。


私は当初は『潜血便くらいでしょ?』と高をくくっていたのだけど
ネット調べてみると大腸ポリープはやはり大腸がんの一歩手前、、、
大きさによってはすでにガンに進行している可能性も捨てきれない。
夫はガン家系だし。。。。どうしようーー;

夫の職場の人も会社の検診ですい臓がんがみつかり
昨年、40代の若さで永眠されたことなどが
頭をグルグル駆け巡る

検査の前日から私はハラハラドキドキ。。。
未亡人のシュミレーションまでする始末
母子家庭になってから私も再発したら
治療費はどうしよう、、、とか
息子は一人残されてどうやって生きていくのかしら、、、とか
ありとあらゆるネガティブなことを一日中考えていた




午後1時半からの検査は全身麻酔を掛けられて
寝ている間に大腸カメラで腸の診察
やはりポリープが出来ていたらしく同時に切除術
麻酔が切れるまで少し休んで4時ごろに夫は帰宅した。

主人の話では検査医は
『ポリープの検体結果が出るまでは断言できないが
見た限りでは良性(腺腫って言うのかな?)でしょう』
と説明してくれたとのこと。

ほっとして涙がボロボロ出てきた。

自分が乳がんになってから
病院のベットでは必ず夫が付き添ってくれてる事
私の旅立ちの時には夫と息子が手を握っていてくれる事
が当り前だと思って疑わなかった。

まさか夫が病床に伏せるなんて、、、
ましてや私より先に旅立つなんて事は
一度も・・・ってか脳裏の片隅にもなかった。

でも、、、人には何が起こるかわからない
『癌』が決して他人事ではなくて身近な病気だと
いう事は自分達がよく知っていたはずなのにね

これからも家族3人、健康で暮らしていけるよう
神様にお祈りしよう☆
そして改めて家族皆が健康で暮らせる幸せをかみしめよう
スポンサーサイト

祝!15周年

今日、9月30日は我夫婦の結婚記念日ですございます

結婚式の写真を改めて見てみると。。。。
若い!!!!!
夫、私ともに20代。(といってもギリギリ20代^^;)

すっかり一人前の大人だと思っていたけれど
今見てみると、まだ あどけない感じの二人。
初々しくて可愛いわ

すっかりオジサン&オバサンになってしまった私たち・・・(悲)
(オジサンが二人、、なんて説もあるけど
15年の歳月を感じます。

15年の間には一人息子が生まれ
父親と母親にもなりました。
異国の地での生活も経験しました。

そして、乳癌 という病気が発覚・・・
一時は谷底に突き落とされたショックも味わった
夫婦で過せる時間も残りわずかか???
なんて事も真剣に考えた。

乳癌を告知され呆然とする私を一所懸命ささえ
医療用語でチンプンカンプンな英語なのに
告知、手術、化学療法etcと
いつも付き添い助けてくれた夫

日頃、ブチブチ文句ばかりだけど
今日、改めて考えてみると本当に良い旦那さんです。

たくさんの楽しい時間と苦しみを
一緒に乗り越えてきた夫と私。

これからもずっと一緒に幸せな時間を
過ごせていけたらいいなと心から思います。




ところで、、、結婚記念日ってさ
披露宴の日? 入籍の日?
うちは新婚旅行から帰ってから届けを出したので
(↑パスポートの名義とか面倒だったのよね)
入籍と披露宴が別々なんだよね。
なので今日は正式に言うと披露宴記念日だわ。


優しさにウルウル。

昨日、窓のサッシで親指を思いっきり挟んだ。
うぐっうぐっともがき苦しみ半ベソで
自分の指を見てみると ↓
    P9160156.jpg

これは直後の映像。
今日は爪が真紫に変色してますーー;
あーーーーー痛かった。


そして昨夜。
シップを貼って応急処置していても
夜になっても痛みが取れなくて
ずーーーーっと顔をしかめていた私。

夕飯をぱぱぱっと済ませて(もちろん飲んでないよ)
食器は流しに置きっぱなしにしたまま
息子に『ママは手が痛いから もう寝るね』と半泣きで言ったの。
そしてリビングでグデグデしていたら
台所からジャバジャバ水の音が・・・・

なんと! 息子が茶碗を洗ってくれていたの!

そして、その後には
私の歯ブラシに歯磨き粉を付けて持って来てくれた

そしてそして、私が歯を磨いてる間には
寝室から私のパジャマを持ってきて
『はい 着替え』って渡してくれました。



おおーーーーなんて優しい息子なんだ。
いつもいつもガミガミ怒ってばかりの
鬼母の私なのに。。。。。(涙)
いつの間にそんな気の利く優しさを身につけたんだ?

ママはとっても嬉しくて嬉しく
痛みもぶっ飛びました。
本当にありがとう。

7歳になりました。

小学生になり日々男児から男子に成長を
している我が息子。
先週金曜日に7歳の誕生日を迎えました。

昨年の誕生日は『6歳で初めてする○○!』
なんて可愛い事を言ってましたが
(昨年の記事はコチラ
今年はこれといって楽しいことも可愛い事も
してくれませんでした。
誕生日プレゼントに欲しがる物も
ゲームのソフトなのでなんも可愛くない!!!!!

親の私が可愛い事に気づいてないだけかな??
バタバタしてたのでケーキのオーダーするのも忘れてしまい
今年はプレートに名前を入れてもらっただけ   P6040180.jpg






ちなみに昨年のケーキはコチラ  P6060022.jpg

部屋の飾りつけもしなかったし、、、
私も私で段々手抜きになって行ってるわ



でも、誕生日にはささやかでもお祝いは続けてあげたいと思ってます。
私も親にはずっと続けてもらって育って来てとても嬉しかったし。

自分の存在価値に意味を見出せない人々も多々いる今の時代に
息子には自分の誕生を祝ってもらうことで
自信の存在を意味のあるものとして感じて欲しいと
願っています。

なんだか上手く説明できないけれど
きっとそう云う事って大切なことだと思う。
自分を大切にできれば、きっと周りの人々のことも大切にできるはず。

なんて思った誕生日でした。




かなり馬鹿親です。

昨日はブログを書き終わったあと
学校からのお便りに書いてあった下校予定時刻から
もうドキドキそわそわ。。。^^;
玄関の外に出てみたり、、入ってみたり、、、(笑)
途中まで迎えに出ようかと思ったりも、、、
でも雨だからやめた(笑)
息子の自尊心も傷つくといけないしね

でもリビングの窓からずーーっと通りを見て待っていたよ。
自分でもかなりの親馬鹿ぶりにビックリ

路地で友達と別れて帰ってきた息子は
窓辺の私に気がつくと
一瞬、嬉しそうな顔をしたあとは得意満面の笑み。

しかし玄関を入ってからはムスッと手を洗い、うがいをして
何事も無かったかのようにDSをやり始めた。

何も言わないけど彼なりに親のお迎えナシで帰って来れたことは
とっても嬉しく、自信になってこれからの成長の糧になるんだろうな。

親にベッタリだった幼稚園時代と違い
本当に毎日成長してると感じる。
とても嬉しく思うけどでも、ちょっとづつ親離れの準備なの?と
思うと切なくなる

あーーやっぱりかなりの親馬鹿・・いや馬鹿親な私(笑)

今日はどんな成長をして帰ってくるかな?
プロフィール

mimiさん

Author:mimiさん
2003年NY州に赴任。
一人息子を出産し育児に追われる日々。
2005年にVA州に転居。
2006.10.31 乳癌告知。
2007.1.5 右乳房全摘出手術。
術後治療でAC,Tを各4クール、ハーセプチン一年間投与を終え
現在ホルモン治療中
タモキシフェン服用&リュープリン投与中。
シリコンのニセ乳者です♪
2008年10月 日本に帰国。
2009年4月 「気ままにUSA」からブログ名変更 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

今日もラッキー?!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。