幸せな時間

アメリカ赴任中に乳癌告知、化学療法、乳房再建。現在日本でホルモン治療中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TATOO

以前 ちょこっと書きましたが。。。。 ">過去記事
実は私、再建乳首の色が薄いんです
いやぁーーー別に健側が妙に色が濃い(黒ずんでる)って
事ではないですよぉぉぉぉ  念のため

ソケイブ移植、自家組織で乳輪、乳頭を作ったのだけど
やはり、多少の左右の色の違いは否めないのが現実。

そこで形成外科Drの提案で乳首、乳輪にTATOOを入れることにし
昨日、やって参りました。

TATOO=刺青=昇り竜=その道の姉さん=根性試し
なんて古い思考回路の元
ちょっとドキドキしながら診察室へ

いつもの診察室なのに今日は治療器具を置くテーブルに
何やら刺青道具がそろえてありちょっと違う雰囲気
Drもいつもは私服のままなのにウワッパリを着ている。

まずは色の選定。
美容部員のお姉さんがチークか口紅を
選んでくれるかのようにたくさんのカラーから3種類をチョイスし
健側に合わせて調合。

それを歯医者さんが使うような道具
もしくわ電動歯ブラシの軸だけの部分のようなもの
に針が付いていてそれが細かく振動ながら
患部にチクチクさして色素を埋め込んでいきます。
 ウィーーーーン シュルシュル~~~~と音がして
ヒェーーーーーーーーーーーーーーと思ったのは一瞬。
まったく痛くも痒くもなかったわ。
考えてみたら私はキレイサッパリと全摘
元々 乳部分に神経は通ってませんでした 笑
(正確には神経は残ってるけど機能をしていない)

作業(治療)は20-30分で終了。
痛みは感じなかったけど、針で皮膚を刺しているので
それなりに血が滲み見た目にはかなり痛そう。
(血は通っていて良かったわ~とちょっと安心する私)

まだ化膿止めを塗り、ガーゼで覆っているので
どんな色味に仕上がっているのかは後日のお楽しみ♪

帰国が迫っているので失敗は許されません!!!!
どうかキレイに仕上がってますように

でもいつも言ってるけど高望みは禁物。
それなり で満足しないとね。
本当の私のお乳じゃないのだから・・・・
私のお乳は今はどこかでホルマリン付け?
それとも産業廃棄物か?

     
スポンサーサイト

乳首 手直し

実は私、最近悩みがありました。

それは・・・・
再建した乳首が周りの皮膚に引っぱられ(?)
フラット(平らに)なって来てしまったのです

本来、次の形成外科の通院は来月だったんだけど
夫に電話をしてもらい相談した。

1、再手術をすればより満足できる仕上がりになるだろうけど
  これは自費。かなりの高額になるのは必須。
  
2、応急処置的な治療として薬品(ジェル状)を
  注入する方法もある。
  これはおおよそ2年で元に戻ってしまうらしいが
  お値段も負担にならない程度の金額。

悩んだ末、2の処置を昨日してもらって来ました。

注射で乳首に薬品を注入したらプックリと盛り上がった。
本当に簡単で拍子抜けするほどだったわ 

まだ左(健側)より小さいのだけど
『これ以上は皮膚に負荷が掛かるので無理』といわれ諦めた。


再建を受ける前にドクターとのインタビュー(問診)で
『もちろん最善の努力はしますが100%左右対称にはなりません。
なぜなら あなたの本当の乳房が帰ってくる訳ではないから
それを了承してもらわないと手術は出来ません』
と言われていた。
その時は【もちろんそうだろう。 そんなこと分かってるよ】と
思っていたけれど、、、、
人間、段々と欲が出て来るものでついつい『左と比べて・・・』と
思ってしまいます。

多分、自分以外の人が見るとさほど気にならない事
なのかもしれないけど、自分としてはかなり左右に
差があるように感じます。

頭では納得しなければいけないのは分かっているけれど
もっと、もっとキレイに!!!と願ってしまう。

昔 マ○ケル・ジャクソンがどんどん整形して
最後にはまるっきりの他人顔(人形の様)に
なってしまったのがちょっとだけ理解できてしまう私です。





注入した薬品の成分は
sterile water,glycerin,sadium,carboxymethylcellulose  ・・・etc
と書いてあります。
日本語に訳してもイマイチなんだかわらない私ーー;

乳首再建記  ~ブラ編~

別に今回の乳首の再建手術に限ったわけではなく
最初の検体での一部摘出手術(あわよくばそのまま温存できた)
その後の全摘手術、シリコン乳房再建術ともに共通なんだけど
術後のブラの変革記録です。


一応、下着の写真なので隠しますね。
覗いてみたい方は 続きを読む をクリックしてね

続きを読む »

乳頭再建術記  ~回復編~

日帰り手術で自宅に戻り、
寝ぼけながら素っ頓狂な行動した私でしたが
翌日からは順調に回復に向かいました。

術後2日目 ただただ寝て過ごす。
        痛み止めの服用で痛みはないが、ボヤ~ンとする。

術後3日目 足の傷がツル感じ。
        目がチカチカして焦点が合わない(麻酔の為と思われる)
        この日ブログは コチラ 

術後4日目 夫に髪を洗ってもらう。 ←無理な前屈みの体勢のため貧血を起こす
        身体は拭くだけ。
 
術後5日目 目のチカチカ治まって来て、読書が出来るようになる。
       歩行も苦でなくなる。
  
術後6日目 痛み止めを 一日3回から 2回に減らす
        足の傷が痒くなってきた。

術後7日目 new乳首とご対面!
        炎症止めの塗り薬を一日2回 塗り塗り     

術後9日目 下半身のみシャワー、髪は夫に、顔は洗面台の3部構成の入浴 
        痛み止めの服用止める。

術後2週間 ウチモモの抜糸  スタスタ歩けるようになる
        乳首はまだどす黒い^^; 
        炎症止めの薬から市販の保湿クリームに変更
        シャワー解禁。でも乳首には直接シャワー圧はNG

術後3週間 乳の抜糸。 かなり黒味が取れてきて肌色?になりつつある 
        保湿クリームは継続して塗る。
        シャワー全面解禁 患部も手でなら石鹸の使用可


だらだらと書いてしまいましたがまとめると
術後3日ぐらいは寝たきりだけど、一週間もすれば不自由なく生活でき
二週間でシャワーも浴びれて、歩行も楽々
三週間で完全復活って具合でした。


        

乳頭再建術記   ~手術当日編~

日々の出来事のことばかり書いていて
気がつけば乳頭再建の記録が中断したままだった

術式は以前に書いたので
今日は手術当日のタイムテーブルというか
一日の行動記録です。


2008年5月22日(木)

4:30am  起床
5:00am  自宅を出発
        帰りの事を考え服装は前開きのパーカーとゴムスカート 
5:30am  友人宅に息子を預ける
5:40am  病院到着 (サージャリーセンタと言って手術専用棟)
        3番目の患者だった。 一番の人は5:30受付になってた
5:50am  準備室(個室)に入室
         身長、体重、血圧等計測
         全裸になり手術着に着替える
         点滴用の針を刺したりバタバタとナースが準備をする
         吐き気止めのステッカー薬を耳の後ろに貼る
6:30am  麻酔医が問診に来る
7:00am  形成外科の執刀医が最終チェックに来る 
7:20am  麻酔医、麻酔助手、麻酔科インターンが来て
        麻酔の同意書にサインを求める
        この時、助手のオヤジの香水がキツクてくしゃみ連発!!
        医療関係者が香水つけるな~~~と一人むっとする
        夫は隣でクスクス笑ってる 
7:30am  執刀医の専属ナース、麻酔医チームが再び来る
        麻酔投与開始
        左腕に冷たい感触が来たと持ったら1分くらいで撃沈。
        手術室へ運ばれ 手術開始

10:00am 待合室で待つ夫に手術終了の知らせが入る
        (携帯に電話が掛かってくるシステム)
10:30am 執刀医が夫に手術経過報告 
        (特に問題なく当初の予定通り進んだとのこと)
11:00am 夫がリカバリールームへ案内されてくる
        mimi ナースに頬をペシッペシッとされ起こされる
        口に管が入っていたのか喉がカラカラに渇いている
        『みみみずをくれぇ~~』とか細く訴える私
        この時点では殆ど意識はない状態
12:00pm 夫とナースに着替えさせてもらい退院 
        車に乗るなり失神したように眠る
12:40pm 自宅到着
        自力で歩いてベットに入ったらしいがまったく記憶がない
        再び失神したように眠り続ける
   
(3:00pm) 夫が息子を友人宅に引き取りに行く


5:30pm  突然、目覚めた私
        ビックリして飛び起きて歯を磨く。
        夫を探して 『早く早く~~~寝坊したぁぁぁl』と叫ぶ
        目がテンの夫と息子。 
        私『早くしないと手術に遅れちゃうーーーーー時間がな~~い』と叫ぶ 
        夫と息子 怯えるような目で私を見る
        
        私は薬で痛みが無いせいか手術した事に気が付いていなくて
        朝の5時半と間違え、病院に行こうとしていたのでした。


  こうして日帰り手術は無事に終了しました。


  しかし、朝の6時前からセンターの中は普通に稼動していて
  7時ごろには其々の執刀医も出勤(?)して来て
  それはそれは賑やかというかワサワサ人でごった返してました。
  恐るべし アメリカ医療現場です
    
           
プロフィール

mimiさん

Author:mimiさん
2003年NY州に赴任。
一人息子を出産し育児に追われる日々。
2005年にVA州に転居。
2006.10.31 乳癌告知。
2007.1.5 右乳房全摘出手術。
術後治療でAC,Tを各4クール、ハーセプチン一年間投与を終え
現在ホルモン治療中
タモキシフェン服用&リュープリン投与中。
シリコンのニセ乳者です♪
2008年10月 日本に帰国。
2009年4月 「気ままにUSA」からブログ名変更 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

今日もラッキー?!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。